整足研究家の想い

当ブログは、マイオリジナル人生センターグループです。

大量の水分補給の道

皆様、おはようございます

口から入った水分は、様々な道を経由して外に排出されます。水はこれら生体機能を補助する溶媒にしか過ぎません。溶媒は適量が代謝を円滑に働かせるための条件です。もしも溶媒の量が相対的に過剰であった場合、生体機能の円滑さは失われてしまいます。水分をたくさん摂取して代謝が良くなり健康になると言うのは間違いと言われています。

私たち生命は、水を取り入れて外に排出するだけの存在です。このシステムを運転するためにエネルギーを消費しているのです。無意味なたくさんの水分摂取は、このシステムを壊しているだけです。水分排出で一番重要で負担が掛かっているのが尿を作る腎臓・尿管・膀胱の尿路系です。 水分が多くて、これ以上尿として排泄できなければ、身体としては他の道から水分を排泄しようと考えられてると言われています。その一番が汗です。

汗でも十分に排泄できない場合は消化液で排泄されます。そのような方は下痢症になり、免疫システムにも影響が出ると言われています。

従って、一日一リットル以下が良いと言われています。

私のお勧めは、一日二リットル以下です。