整足研究家の想い

当ブログは、マイオリジナル人生センターグループです。

植物と生き物

植物の栄養源は水と二酸化炭素です、水と二酸化炭素で栄養をつくるとき、いらなくなった酸素を出すようになっています。

植物は緑色をしています。これは、植物の体の中に緑色の葉緑体というものがふくまれているからです。

葉緑体は栄養を作ります。根からすい上げた水と、空気中の二酸化炭素を使い、太陽の光のエネルギーを利用してでんぷんや糖をつくるのです。これを光合成といいます。

葉緑体の中で、水は酸素と水素に分解されます。水の小さなつぶは、酸素のつぶと水素のつぶでできているのです。分解して取り出した水素と、葉から取り入れた二酸化炭素をうまく組み合わせると、栄養をつくることができます。

葉緑体は、水の中の水素だけを原料として使うので、酸素は必要ありません。そこで、あまった酸素は、葉にある小さな穴から、外にすてられて出てくるのです。

今私達が吸っている酸素は、植物がつくり出してきたものです。植物のおかげで、生物たちは生きることができるのです。