整足研究家の想い

当ブログは、マイオリジナル人生センターグループです。

リラクゼーション業界で有名な先生にインタビュー

皆様、こんばんは

リラクゼーション業界で有名な先生にインタビューをしました。

先生は、心や体が疲れたらどこに行きますかと質問をしました。

先生の回答は、温泉に行きますと言われました。

私から言えば、想定外でした。

普通のセラピストでしたら、別のサロンに行っていると思います。

それは、自分の為にですね。

ですが、先生は別のサロンに行かずに、温泉に行くのです。

それは、自然界の力を信じているからです。

私も温泉に戻ろうかな?

リラクゼーション業界と福祉業界の共通点

皆様、おはようございます。

リラクゼーション業界と福祉業界の共通点について

それは、自分の人生をぎせいをしながら、相手のためにサービス。

分かりやすく言えば、自分の将来が不安なのに、相手のために生きると人生。

私から言えば、素晴らしい人生だと思います。

ほとんど方が、相手のために生きることが出来ていないからです。

皆様、リラクゼーション業界と福祉業界の応援をお願いします。

良い世界を作る近道は、リラクゼーション業界と福祉業界だと思ってます。

介護業界を助けてあげてください

皆様、こんにちは

介護業界とは、大変な業界だと思います。

例えば、ある方は老人ホームは牢屋だと言う方がいます。

私から言えば、仕方ないと思います。

それは、質があげる時間がないからです。

それと、職員のデメリットがあります。

それは、お客様がけがをした保険がないです。

分かりやすく言えば、お客様がけがをした場合は、その職員の全負担になります。

従って、介護業界は行きたくない方が多いのです。

ですから、介護業界の質が落ちるのです。

質が落ちることは、お客様と職員の満足度が低くなるのです。

本物の介護とは、生活支援と自立支援です。

皆様へ、介護職は命懸けの職場です。

出来れば、職員を助けてあげてください。

職員を助けることによって、お客様の満足度が高くなります。

高くなれば、お互いに良い人生を贈ることが出来ます。

皆様、どうか助けてあげてください。

宜しくお願い申し上げます。

いじめに対する考え方

私のいじめに対する、考え方を教えましょう。

いじめを受けてる方は、その方の問題があります。

分かりやすく言えば、問題があるからいじめが出てくるのです。

まずは、解決方法はいじめになっている原因を直す事です。

いじめになっている原因が分からなければ、ずーといじめが続くことになります。

ですが、いじめられる方は得です。

その理由は、心が強く出来るからです。

本物のいじめる方は、心が弱いのです。

正直に言えば、その方も弱者です。

ですが、いじめをやめてほしいです。

まずは、 公認心理師の資格を持っている方達に相談をしてください。

同行援護従業者養成研修(一般課程)の修了しました

皆様、こんばんは

同行援護従業者養成研修 一般課程の修了しました。

従って、 同行援護従業者養成研修 応用課程を目指します。

f:id:nb9671041:20170621214153j:plain

健常者と知的障害者

健常者と知的障害者

知的障害者達はIQで決まります、

分かりやすく言えば、精神年齢が12歳以下です。

私達が思う、知的障害者は個性的能力だと思っています、例えば、私達は仕事能力や運動能力が低い方から高い方がいます、分かりやすく言えば、知的障害者は私達に比べて観たら、知的能力だけが低いのです。

ですが、知的障害者は資格を取得してる方達がいます。

それは、皆様の為に社会貢献をし、お互いに住みやすい世界を作りたいからです。

障害者は資格を取ったら行けないのか?

皆様、おはようございます。

障害者は資格を取ったら行けないのか?についてです。

昨日は差別発言がありました。

移動介護従業者の仲間が私の事を、資格マニアと言われました。

私は、障害者は資格を取っては行けないでしょうかと思いました。

健常者は、何で障害者の事を馬鹿にするでしょうか?

それは、障害者は役立たずだからです。

私から言えば、それは仕方ないと思います。

その理由は、100人言えば100人の個性がいますから。

私は、資格を取っている理由について、

私は、助け合いの世界を作りたいと想い、資格を取っています。

従って、ただの世界を変える勉強家です。

性行為

皆様、おはようございます。

性行為について

性行為は相手の人生を大切にする行為だと思います、分かりやすく言えば、本来の性行為は子供を作ることです、もっと分かりやすく言えば、私達の子孫を残すことです。

性行為は遊びを考える方が多いです、性行為は遊びではなく、パートナーの人生を大切にする行為です。

ヤリチンとヤリマンはパートナーの人生を大切にしない方です、性行為好きの方は自分だけが気持ち良ければ良い考え方、分かりやすく言えば、結婚相手がいるのに、平気で別の方と性行為をしてる事です、もっと分かりやすく言えば、浮気になります。

浮気をする方は相手の人生を大切にしない方です。

広告を非表示にする

私のリフレクソロジ

皆様、こんにちは。

私のリフレクソロジについて

私のリフレクソロジは、体を整えるリフレクソロジです。

体を整えるリフレクソロジとは、土踏まずを整えながら血行の流れが良くし、足の反射区をはかります。

私のリフレクソロジの特徴は、安全性が高い痛いリフレクソロジです。

本来のリフレクソロジは、痛くないリフレクソロジです。

本来のリフレクソロジは、反射区だけの施術なので痛くないのです。

私のリフレクソロジは痛みがある理由については、皆様の足は弱い足なのです。

分かりやすくいえば、本来の足ではありません。

本来の足とは、体を支える役割をしていますので、私のリフレクソロジを受けても、痛みが少ないのです。

痛みの原因は、筋肉の緊張と血行の流れが悪いのが原因です。

私のリフレクソロジは、リラクゼーション企業のながで世界一痛いリフレクソロジです。

従って、心や体も整えることができます。

大量の水分補給の道

皆様、おはようございます

口から入った水分は、様々な道を経由して外に排出されます。水はこれら生体機能を補助する溶媒にしか過ぎません。溶媒は適量が代謝を円滑に働かせるための条件です。もしも溶媒の量が相対的に過剰であった場合、生体機能の円滑さは失われてしまいます。水分をたくさん摂取して代謝が良くなり健康になると言うのは間違いと言われています。

私たち生命は、水を取り入れて外に排出するだけの存在です。このシステムを運転するためにエネルギーを消費しているのです。無意味なたくさんの水分摂取は、このシステムを壊しているだけです。水分排出で一番重要で負担が掛かっているのが尿を作る腎臓・尿管・膀胱の尿路系です。 水分が多くて、これ以上尿として排泄できなければ、身体としては他の道から水分を排泄しようと考えられてると言われています。その一番が汗です。

汗でも十分に排泄できない場合は消化液で排泄されます。そのような方は下痢症になり、免疫システムにも影響が出ると言われています。

従って、一日一リットル以下が良いと言われています。

私のお勧めは、一日二リットル以下です。

認知症予防は整足

皆様、こんばんは

介護の仕事をしてると、お客様が可哀想と感じます。

例えば、認知症です。

認知症とは、脳の障害となります。

分かりやすく言えば、記憶障害ですね。

ですが、セラピストの気持ちを持ってると、認知症達を助けてあげたいと気持ちが沸き上がってきます。

本当に、私はセラピストなんだなと感じました。

認知症の予防は、整足を受ける事です。

その理由は、整足を受ける事で脳の活性化に繋がり、血行の流れが良くなります。

従って、心と体も楽にになります。

広告を非表示にする

楽な姿勢になる原因

皆様、おはようございます。

楽な姿勢になる原因についてです。

楽な姿勢の原因は、筋肉の緊張のせいです。

緊張の緊張になると、血行の流れが悪くなり筋肉の質が悪くなります。

従って、土踏まずの歪みや肩甲骨の歪みに繋がります。

肩甲骨の歪みを整えば、 上半身の歪みも整えることができます。

その理由は、筋肉が固まっているからです。

クッション性がある靴

皆様、おはようございます。

今日は、クッション性がある靴について

悪いクッション性がある靴をはくと筋肉運動に繋がります。

それは、ミットソールの土台が柔らかいので、体の全体的に負担が掛かります。

その理由は、安定性がないからです。

ですから、負担が掛かり楽な姿になるからです。

楽な姿勢になると筋肉が固まります。

従って、クッション性がない靴と体を全体的にサポートをさせるインソールを使ったほうが良いのです。

良いクッション性の靴を履くと、筋肉の老化に繋がります。

その理由は、衝撃を緩和するからです。

衝撃を緩和することで、筋肉の発達が出来にくくなるからです。

それを、筋肉の老化と言います。

医療とフットケア

皆様、こんにちは

医療面でも注目されるフットケアについてです。

日本では約5人にひとりが糖尿病またはその予備軍といわれており、糖尿病の中には足が黒く変色したりする「糖尿病足病変」という病気にかかる人が増えていると言われています。

糖尿病により動脈硬化や神経障害といった合併症が起こると、糖尿病足病変のような症状が発生しやすくなってしまいます。

このような糖尿病から起こる病気を予防する手法として、注目されているのがフットケア。海外ではフットケアを専門とする医療が充実しており、高齢者の糖尿病足病変の予防に成果をあげています。これまで日本の医療では、足の治療を専門とする分野がなく、ケアが行き届きづらいため、足を切断しなければならない場合があります。

私は、整足研究家ですから、皆様の為に足の大切さを呼びかけています。

従って、企業様や協会様にも呼びかけております。

皆様、宜しくお願い申し上げます。

広告を非表示にする

足と糖尿病

皆様、おはようございます。

今日は、足と糖尿病です。

糖尿病は、足の些細なたこ・まめ、靴擦れや怪我でも、それが原因で大変なことになる可能性があります。足の痛みが感じられないことになり、細菌に感染する恐れも高くなります。症状が進めば足の切断、最悪の場合は命にかかわります。

ですから、気楽にフットケアは行わないでください。

広告を非表示にする